名古屋城のお堀にワニ?!シャチホコもビックリの巨大魚が話題。

名古屋城、そのお堀に謎の巨大生物が…

数年前から話題になっているのが、名古屋城のお堀にワニが居るという噂。

このような噂は、全国各地のお城のお堀にありますね。

本当だったり都市伝説の類いだったり色々ありますが、名古屋城のお堀のその噂は?

確かに名古屋城のお堀で姿が確認されている、ワニと思われる姿のこの生物の正体は!?

名古屋城のワニの正体!

名古屋城のお堀に居るという噂のワニの正体は、アリゲーターガーという名前の生き物です。

アリゲーターガーは見た目がワニにそっくりな巨大魚のこと。

見た目もそっくりだからですが、名前もそっくりでややこしいがね…

「名古屋城のお堀にアリゲーターガーが居る!」

と聞けばワニ(アリゲーター)が居る!と思いませんか?

まぁでも、名古屋から何かしらの話題が発信されるのは嬉しく思います。

アリゲーターガーとは?

このアリゲーターガーという魚は例によって外来種。

大きいもので2メートル以上に成長する肉食の魚で、生息する地域は主に北米からメキシコ辺り。

ですが冬を越す事ができるので、日本でも何年も生きていられます。

肉食ですが、人を襲って噛み付く!なんて事は無さそうで、いままでにそういった被害を受けた人はいません。

見た目は硬い鱗に覆われていて、大きな口に鋭い歯を持ち、とても怖そうですね。

2018年から特定外来種に指定されましたが、それ以前なら飼育が可能。

名古屋城のお堀のアリゲーターガーは、恐らく飼っていた人が放したのでしょう…

名古屋市は捕獲を試みて罠を仕掛けたりしていますが、まだ成功には至っていません。

目撃情報は多数で、少なくとも2匹いると思われています。

追伸:2017年に1匹だけ捕獲されました。

名古屋城で対決!

名古屋城のお堀のワニとして話題のこのアリゲーターガー


いっその事、名古屋の観光の話題に一役買ってもらうのはどうでしょう?

金のシャチホコVSアリゲーターガー!

名古屋城で対決するならどんな勝負?

なんてアイデアを募集するとか?

せっかくなんで名古屋にできたレゴランドジャパンのレゴでできたミニチュア名古屋城。

この圧巻の名古屋城のお堀にアリゲーターガーを登場させてもらうとか?

アリゲーターガーは、元々お堀に生息していた生物を襲ってしまうなどの問題がありますが、古来よりその姿を変えていないという神秘的な部分もある魚で、世界最大の淡水魚として水族館にも展示されているような魚。

おそらくペットとして飼われていたアリゲーターガーが放流されたと思われ、その異様な姿からもあまり良いイメージはありません。

でもモノはとらえようです。

エビフライを名古屋名物として受け入れてしまうような名古屋の人の商売人魂なら、この問題を活かす事もできるのではないでしょうか?

https://yes.nabelog.work/archives/50809403.html

コメント