エビフライ?えびふりゃあ?名古屋名物じゃないけど海老と名古屋の深い関係性。

「海老フライの事を名古屋ではみんなえびふりゃあと呼び、みんな大好物で週に一度は食べます。」

というのはウソです。

まず、名古屋人は海老フライの事を”えびふりゃあ”とは言いません!

そりゃあもしかしたらそう言った人が居たかもしれませんが、一説によると、”えびふりゃあ”のイメージを全国に広めたのは、またしてもタモリ?という説も。

名古屋の人はえびふりゃあとは言いませんが、エビフライは確かに好きです。

とは言え、他の地方と同様に普通に好きなだけなのか?

いえ、名古屋の人も気付いていませんが、名古屋と海老はなかなか縁が深いんです。

名古屋のエビフライ事情。

名古屋の人に
「エビフライの事をえびふりゃあって言うの?」
と尋ねると

「言いません。」

と、少し怪訝な顔をして答える人が多いのです。
そして名古屋の人はその後に、

「なんで海老フライの事をえびふりゃあと言って名古屋の人がいっつも食べてる。そんなイメージなのか分からない???」

と続けるでしょう。

そのぐらい、海老フライに対して、特にこれといった思い入れが無いのです。

しかしながら、商魂たくましい名古屋の商売人、これを利用しない手はありません。

このえびふりゃあのイメージに見事に便乗!

携帯ストラップなとの海老フライグッズは沢山販売され、大きな海老フライを名古屋名物!として出している飲食店も少なくありません。

キティちゃんも海老フライになっちゃったり↓

もはやエビフライが名古屋名物である事を否定するのは難しい状態になっています。

名古屋と海老の意外な関係。

海老フライに対して特別な思いはない名古屋の人々。
そして名古屋名物である事を否定し続けていますが、意外にも名古屋は海老に関係することは多いんです。
名古屋のみなさん知ってますか?

実は、

名古屋と言えば海老だかや!

と言わんばかりに、愛知県の”県の魚”は車エビ。これは平成2年に選定された、比較的新しい県の魚なんですけどね。
(三重県は伊勢エビ。)

そして思い起こしてみましょう。
  • 名古屋のお土産の定番の、坂角のゆかりは海老せんべい。
  • そして一色町は、実は海老せんべいの生産量が日本一。
名古屋の人は海老せんべいが好きではありませんか?
刈谷のサービスエリアをはじめとした、えびせんべいの里はとても賑わっていますね。
  • そして天むす。名古屋名物になった天むすも、入っている具は海老天ですね。
  • 冷やし海老おろしうどんも名古屋の人は大好きです。
実はこの冷やし海老おろしうどんも、名古屋グルメなんですね。

海老フライの事をえびふりゃあとは言いませんが、名古屋と海老とは意外と縁が深く、実は他の地方の人から見ると海老好きなのを知らない名古屋人なのでした。

エビフライがおすすめの名古屋のお店。

もう一度言いますが、エビフライの事をえびふりゃあとは言いません。

ですが、エビフライは名古屋名物として一役買っていることは否定できないんです。

名古屋にはエビフライが美味しいお店が増え、それを楽しみに他府県から観光に訪れる人がいるのも事実。

名古屋でもエビフライが美味しいおすすめのお店はこちらですね。

海老どて食堂

新名古屋名物と銘打って提供されるのが、エビフライのどて煮。

どて煮とは、八丁味噌で煮込んだものの事です。エビフライに味噌?と思うかもしれませんが、味噌カツや味噌串カツでフライと味噌の相性はお墨付きです。

どて煮じゃないエビフライの定食メニューの名前は、

海老ふりゃあ定食…

言っちゃってるし!なりふり構わない感じが良いですね。

そしてこのお店のエビフライは大きい!食べ応え抜群の人気店です。

持ち帰りメニューには、エビフライの太巻きと、ケンミンShawでも紹介された海老カツサンドがあります。

場所は名古屋駅の地下街のエスカの中。新幹線の改札から近いので便利な場所です。

【海老どて食堂の店舗情報】
住所:名古屋市中村区椿町6-9 エスカ地下1階

最寄駅:名古屋駅
TEL:052-459-5517
営業時間:11:00~22:00

まるは食堂

まるは食堂はとても歴史のあるお店。活魚料理のお店として戦後から営業を続けるお店の自慢の特大エビフライは、1日に100本を売り上げます。
南知多の豊浜に本店を置いて、現在は7店舗。
できれば本店で食べていただきたいところですが、名古屋駅のクロスコートタワーの地下1階のチカマチラウンジ店が便利です。
やっぱり名古屋の人ってば、昔からエビフライが好きなんですね。

【まるは食堂の店舗情報】
住所:名古屋市中村区名駅4丁目4-10 名古屋クロスコートタワー地下1階

最寄駅:名古屋駅
TEL:052-414-6018
営業時間:11:00〜15:00 17:00〜23:00

はね海老

こちらも西区の円頓寺商店街で60年以上の歴史を持つ老舗。
地元民に愛される、昔ながらの洋食屋です。
このお店のエビフライは、海老を開いて、更に半身をのせてフライにしているので、平らな形をしていてボリュームも満点。
これがまた海老の味が口の中に広がる美味しさなんですね。

【はね海老の店舗情報】
住所:名古屋市西区那古野1-20-37

最寄駅:国際センター
TEL:052-551-1671
営業時間:11:30-14:00 17:30-20:00

コンパル

コンパルは名古屋の人には説明の必要はありませんね。
喫茶店です。
名古屋人は喫茶店も大好き。コンパルは名古屋に8店舗あるので見つけやすいのではないでしょうか?
コンパルのエビフライはエビフライのサンドイッチ。
メディアで紹介される事の多い間違いない味を、コーヒーと一緒に。

【コンパル大須本店の店舗情報】
住所:名古屋市中区大須3-20-19

最寄駅:上前津、大須観音
TEL:052-241-3883
営業時間:8時~21時

その他の店舗情報はこちら↓

http://www.konparu.co.jp/shop.html

エビフライは名古屋名物。

さて、ここまで見ると、名古屋は海老とは切っても切れない、いえ、他府県と比べると、昔からとても海老好きなのがお分かりいただけましたでしょうか?

いっそのこと、栃木県の餃子にならって、海老フライの町!として盛り上げていった方が良いかもしれませんね。

なんと言っても”売り”が少ないのも名古屋ですからねぇ…

コメント