iPhoneをWi-Fiに繋ぐ方法と自動接続アプリで節約!1ギガで足りる?

48EBA720-6460-45C0-981E-32E40269F8D8.png

iPhoneを本格的に使うようになると、気になってくるのがパケット通信量でしょう!

データ量は何ギガで契約していますか?

先日、今更ながら初めてのスマートフォンにiPhone SEを選んで機種変更した嫁さんですが、はじめてスマホ割を適用させるべく、1ギガバイトのプランで契約しました。

さて、1ギガバイトで足りるのでしょうか?


データ量を1ギガバイトで足りるようにする為には、家の中はもちろん、外出先でもなるべくWi-Fiに繋げることが必須です。

モバイルデータ通信量の節約のために、出来ることを色々と駆使しています。

iPhoneをWi-Fiに繋げる方法。

まずは家にネット回線がある場合、その回線を利用してWi-Fiに繋げましょう。

必要なのはSSIDとパスワード。

SSIDとは、ネットワークの名前だと思ってください。

例えばソフトバンク光の回線を家に繋いでいれば、ルーターの背面や裏に、このSSIDとパスワードの英数字が記載されていると思います。

7E00AFE3-FF0D-404E-8DA8-7A044FD4A589.jpg

ではこのルーターのWiFiにiPhoneを繋いでみましょう!

ホーム画面から

設定→Wi-Fi

とタップしていきます。

Wi-FiがONになっていれば、現在、iPhoneで接続可能なネットワークをiPhoneが検索して、自動的に一覧に表示されます。

2735B917-052E-4FA7-AE38-EF13394F7C2F.png

ルーターに記載されているSSIDを見つけてタップすると、パスワードを要求されます。

パスワードを間違えないように入力して接続!(join!)をタップ!

これでWi-Fiに接続され、iPhoneの画面の上部に扇型のWiFiマークが表示されます。

以上がiPhoneをWi-Fiに接続する基本的な操作方法です。

お使いのルーターによって、パスワードが記載されていなくてパソコンが無いと繋げなかったり、ボタン1つで簡単にWi-Fi接続できたり、方法が異なります。

ルーターの説明書をご覧になり、データ量の節約のために、必ずWi-Fi接続の設定はしておきましょう!

 

外出先でWiFiに接続する方法。

家にいる事が多い嫁さんですが、節約のためには外出先でも出来るだけWiFiを利用するようにします。

iPhone初心者の嫁さんが知らなかった事ですが、町の中にはたくさんの無料Wi-Fiの電波が飛んでいるんですよね。

そりゃガラケーを使ってたらそんな事は関係無いので知らないのも当然です。

ソフトバンクならならソフトバンクのWiFiスポットといったように、キャリア毎にもWiFiスポットがありますし、他にも町の中には色々ありますよ。

コンビニならファミリーマート、ローソン、セブンイレブン。

大概のコンビニは無料Wi-Fiを提供していますし、カフェならタリーズコーヒー、スタバ、マックなどなど。

他にもマツモトキヨシにドン・キホーテ。

そして東京メトロを始め、鉄道会社の各社も力を入れ始めていますので、外でも無料でWi-Fiに繋がる場所はたくさんあります。

これらの中には、何もしなくても自動で接続されるWi-Fiもありますが、繋げる度にいちいち認証作業をしなければならないWi-Fiも多くあります。

例えばファミリーマートの無料Wi-Fiの繋ぎ方。

ファミリーマートの無料Wi-Fiの使い方は、ファミリーマートに行き(店舗の外でも可)、

設定→Wi-Fi

から、ファミマWi-Fiを選択。

ブラウザー(Safari)を開いて、例えばyahooなど、何でも良いのでページを開こうとすると、ファミマWi-Fiの認証画面が出てきます。

初回はメールアドレスなどを入力して利用の登録。

次回からは規約に同意のみで接続されますが、

設定→Wi-Fi→ファミマWi-Fi→Safariを開いて認証。

という作業が、ファミマWi-Fiに繋ぎたい時に毎回必要になります。

繋ぐのが面倒な東京メトロのフリーWiFi。

更に面倒なのが、東京メトロのフリーWiFi。

出発駅で認証して繋いでも、走行中に途切れるWi-Fi、次の駅に着く度に認証しなければなりません…

まぁ駅構内で使えるだけでもありがたいんですけど、乗ってる間は使えません。

認証無しで自動で無料Wi-Fiに接続してくれるアプリ!

その面倒な認証作業を省いてくれるアプリがあります。

とても便利で、僕も重宝しているので、嫁さんのiPhone SEにもいち早くインストール!それが、

タウンWi-Fi

というアプリです。

 

鉄道会社にもかなり対応していますので、先ほどの東京メトロのWi-Fiも、走行中に途切れながらも、すぐに次の駅のWi-Fiに自動接続!

歩きスマホはいけませんが、スマホを片手に歩いていても頻繁に扇型のマークが表示されてWi-Fiに繋がってくれます。

外でのモバイルデータ通信量の節約には欠かせないアプリですよ。

増えていく公衆無料Wi-Fi。

日本は世界と比較すると、公衆Wi-Fiの整備が遅れているらしいですね。

ですが、東京オリンピックに向けて、外国人観光客にもしっかりと対応できるよう、特に鉄道会社はWi-Fiの整備を進めています。

このタウンWi-Fiというアプリも、それに合わせて自動接続先を増やしているので、今後もっと便利になるでしょう。

外出先でのパケット通信料が気になる方、このアプリはおすすめです。

さて、それで嫁さんのiPhone、データ通信量1ギガで足りているのか?

と言いますと、ほぼ足りています。

データの追加購入をするとしても、月に1回、500メガ。

これならプランを見直すほどではないですね。

民泊用のWiFiは通信量無制限で個人で使うのに最強のモバイルワイファイだった。

【民泊用のWiFiなら縛りなし!自宅でも便利!】

 

コメント