被災地の今を見る!復興支援に何をすべき?観光に行くのが一番おすすめ。

東日本大地震から7年半が経ちました。

2018年の10月に、復興支援の気持ちを胸に東北観光に行ってきました。

子供が産まれる前には毎年行っていたんですが、嫁さんが妊娠してから中断中。

子供もそろそろ行けるかな?記憶に残るかな?今のうちに復興中の東北の景色を見せておきたいな?

という親心とともに行ってきました。

そこで見た現在の現地の様子、僕から見た復興の進み具合を記事にします。

復興支援!東北観光スケジュール。

まずは今回の旅行のスケジュールですが、僕達は過去に3回東北に行っています。

いずれの旅行も、東京から車で一泊の弾丸強行ツアーです。

ですが今回は3歳の子供を連れて初めての東北!

あまり無理な予定は立てられません…

1日目

  • 東京をam 6:00出発〜
  • 宮城県仙台市、松島基地でブルーインパルスの訓練見学〜
  • 松島基地周辺で昼食〜
  • 陸前高田の奇跡の一本松〜
  • 南三陸ホテル観洋に宿泊

2日目

  • ホテル観洋の語り部バスに乗車〜
  • 石巻の石ノ森章太郎記念館の見学〜
  • 東京へ。

過去の東北ツアーでは1日に何ヶ所も周りながら行きましたが、今回は行き先を絞って行く事にしました。

それでも長時間の車移動に子供が耐えられるのか?不安ですけどね。

東北観光ツアー1日目。

少しでも車の中で子供が寝ている時間を稼ぐため、前日はいつもよりも夜ふかしさせました。

寝たままの子供を車に乗せて、チャイルドシートなどのセッティングに時間がかかり、予定より遅れて6時40分に出発!

東北自動車道をひたすら北に。作戦が成功して子供は9時半まで寝てくれて、那須高原のSAまで寝たまま行けました。

その後はiPadで動画配信を見せながら北上し、松島基地へ。

松島基地のブルーインパルス!

予定では10:45分から基地上空で飛行訓練があります。

松島基地は再び悲劇に見舞われないよう、滑走路などをかさ上げをしてありまして、景色が少し変わっていました。

天気も雲もほどよくあって飛行機の見学日和!

ですが、間に合いませんでした…

出発時間の遅れと子供の為に長めの休憩、失敗の原因ですね。またの機会にという事で、松島基地の近くのサイゼリアで昼食です。

基地の周りの浸水地域らしき場所は、かさ上げもしていない様子ですが、新しい家や建物も目立ちました。

ですが、浸水地域とそうでない地域との見分けは付かないぐらい、震災前とあまり変わらな様子で復興が進んでいるみたいですね。

それにしてもブルーインパルスの飛んでるところ、見たかったし子供にも見せたかった〜。

陸前高田の奇跡の一本松。

今回の震災復興応援ツアーのメインの1つ、陸前高田の奇跡の一本松付近に到着したのは、夕方の4時。

子供以外のメンバーにとっては4年ぶり、3回目の奇跡の一本松です。

海外沿いは公園を作る工事が進められ、住宅予定地は海から少し離れたかさ上げした場所という事ですが、海に近いこの奇跡の一本松の周辺は4年前と比べて…

変わってなーい!

東日本大地震から7年半、復興計画の遅れなどの問題があるにしても、かさ上げしない場所の公園すらまるで完成の姿が想像できないぐらいの状態でした…

テレビやマスコミでは順調に進んでいるかのような報道が多く見られますが、その姿を生で見ると、全くのウソのように感じられました。

南三陸のホテル観洋で宿泊。

いやぁ素晴らしいホテル!

この一言に尽きますが、部屋が広い!風呂が広い!食事がうまい!

そして何より、日本のおもてなしの心を存分に感じるホテルでした。

どこを取ってもスケールが大きく、それだけで来る人の心が安らぐ。そんな空間だけでも、おもてなしの心を感じる事ができる最高のホテルでした。

明日の語り部バスも楽しみです。

子供は広い部屋で運動会を始めてしまいました…

2日目に続きますよ。

関連記事

後部座席の子供をおとなしくさせる最終兵器!タブレットで動画を5時間見た…

 

コメント