火から立ち込めるようなもくもく煙

さて、前回はロケットやミサイルの煙をアフターエフェクトで作ってみました。

今回はもっと使い道が色々とありそうな感じの煙をアフターエフェクトで作ってみました。

全体的にモクモクとわく煙です。

あくまで初心者向けの作り方。(僕が初心者なので初心者向けしかできません。)

なので、簡単ですよ。

煙を作るコンポジションを新規で作成。

まずはコンポジションを新規で作成します。

長さは今回も5秒ぐらいが作りやすいですね。

名前は適当に。(あ、前回の画像の使い回しです…)

タービュレントノイズで煙の元画像を。

煙の元となる画像をノイズエフェクトで先に作ります。

レイヤー→新規→平面

で平面レイヤーを作り、エフェクトの

タービュレントノイズ

を適用させます。

エフェクトコントロールパネルのタービュレントノイズで、

ノイズの種類をダイナミック。

エフェクトのトランスフォームでスケールを150ぐらい。

これが煙の元の画像です。

この後作ったパーティクルに、この画像を適用させるためのものです。

もう一つ、新規で平面レイヤーを作って

CC  Particle World

を適用させましょう。

ここから動かして煙のエフェクトを作っていきます。

ここまでは問題無いですね?

パーティクルワールドのパラメーター。

 

わかりやすいところからパラメーターを調整していきましょう。

パーティクルで煙の動きを作っていきます。

アニメーションはViscouseが良いかな。

重力のGravityの数値を-0.30ぐらい。

Velocty(速度)も少し上げておきます。

Particleを

LineからTexturd Faded disk

に変更。

消えちゃいました!

大丈夫です。

その下のTextureのソースを、さっきのタービュレントノイズで作った平面に変更しましょう。

エフェクトとマスクで適用させて、

↑色を黒から白に

お!煙が見えてきましたね?

Death sizeを大きくします。

Birth  sizeも大きくした方が良さそうです。

更に見えてきました!

birth rateを増やして煙を増やし、発生点を少し下に移動。

少し速度を遅くすると、もっとリアルですね。

Veloctyで調整するよりも、今作ったままで、全体的な速度を落としてやります。

アフターエフェクトの速度調整のやり方は、タイムラインを右クリックして

時間→時間伸縮

時間の数値を増やせばスローになり、逆に減らすと早回しになるので、150にしてゆっくり動くようにしてみました。

アフターエフェクトで作った画面全体にもくもくとわいてくる煙です。

なかなか簡単ですね。

応用していろんな煙を作ろう!

作ってしまえば、応用も簡単。

なんとなく他の煙の作り方も想像できますか?

パーティクルワールドのアニメーションをDirectionAxisに変更すると、車やバイクの排気ガス?っぽくなります。

RadiusXを広げてGravityを0にしたりすると、画面全体に煙が発生してるみたいになりますし、

調整次第でドライアイスの煙のように下に流れる煙も作れます。

もうわかりますね?

重力であるGravityをプラスにすれば、下に流れる煙になります。

後は煙と言えば雲とか?台風なんかもできそうですね。

色々試してみてください。

僕もやってみたらまたブログ記事にします。

とにかくアフターエフェクトのパラメーターを自分なりに触ってみると面白いですし、その中での疑問点を一つ一つ解決していくと、いつの間にか上達している。(かもしれません?)

アフターエフェクトが使えるようになるには?

僕はアフターエフェクトの使い方は、最初はたのまなの通信講座で勉強しました。

Adobeのコンプリートプランが学生版価格で使えるからとてもおすすめ。

>>アドビソフト+動画講座受講セット 最大82%OFF~

1年限定ではないですし、2年目の更新もできます。値段は変動しますが、何年でも更新できます。

誰でも学生になればOK!AdobeCCを学生価格で使ってます。
web&動画業界の仕事を、いきなりフリーランスとして始め、AdobeCCのフォトショプランに加入し、初心者なりにPhotoshopに関する使い方の記事なんかを書きつつ、自分でも勉強中です。 ...

こちらのオンライン講座は短期で終わってしまう、いろんな使い方にさらりと触れられる体験講座?って感じのオンライン講座。

その後は基本的な使い方~応用を身に着けるのに、Udemyの動画講座を利用しました。

>>未経験からプロのWebデザイナーになる! 400レッスン以上の完全マスターコース

OMOKAGE TVさんの「After Effects Class 初めてでも安心!現役クリエイターが教える動画コンテンツ制作術」というコースです。

すごく基本的な事から丁寧な説明があり、動画を見ながら真似して実践していくことで、

  • シェイプアニメーション
  • 3Dカメラによるアニメーション
  • トラッキングを使った合成
  • そしてパーティクルを使った合成

と、このコースだけでかなりの技術が身に付きます。

Adobeの無料のチュートリアルもわかりやすいんですけど、英語だったり自分に合うチュートリアルが見つけにくかったり…

OMOKAGE TVさんの「After Effects Class 初めてでも安心!現役クリエイターが教える動画コンテンツ制作術」というコースなら、初心者でも順序良くアフターエフェクトの技術を習得できます。

 

コメント