練馬の二の酉にこんぺいとうすくいの屋台にリベンジへ!おすすめのトイレスポットはこちら。

行ってきました!練馬駅からすぐ近く、大鳥神社の酉の市!

今年は三の酉まで開催されるうちの、今回は二の酉の子連れ体験談です。

混雑回避なら一の酉!記事はこちら↓

子連れで酉の市!練馬の大鳥神社の一の酉で屋台を満喫!今年の日程は?
11月と言えば酉の市! お祭り大好きな僕達の子供は、お祭りと聞くと "お祭り?" と、目の色が変わるお祭り好きな子供に育っています。(3歳) そこまでお祭り好きに育てるつもりじゃないんだけどなぁ… まぁ...

実は一の酉の帰り道、かなり残念な事がありまして…というのは、一の酉で子供が1番喜んだ屋台ですくったこんぺいとう。

帰り道で失くしちゃったんですよね。

これには3歳の子供も大ショック!

ずっと泣いたましたままで家まで帰ったんですね。

今回の酉の市の目的はこんぺいとうを取り戻す事!

一の酉よりたくさん買ってあげちゃいますよ。

練馬の酉の市、二の酉の日程と混雑状況。

今年の酉の市は三の酉まで。一の酉は11月に入っていきなりの11月1日だったので、混雑は少なくて子供も自由に動けるぐらい。

今年の日程は、一の酉が11月1日、二の酉が11月13日、三の酉が11月25日なので、

今回の二の酉は、11月13日。

今回は夕方の5時頃に到着しました。

そろそろ混雑してくる時間ですが、天気がイマイチだったおかげか、なかなか空いていました。

7時頃になると子供を連れて歩くのは難しい混雑になりましたが、例年に比べたら少なめだったかな。

このぐらいの時間に撤収するのが、子連れの方には良いでしょう。

目的の屋台、こんぺいとうは?

さて、一の酉であった屋台が必ずしも二の酉にもあるとは限りません…

ちょっとドキドキしながら向かうと、ありました!

子供はジャンプして喜びます!

屋台のこんぺいとうのシステムは、量り売り。

こんぺいとう以外にも、チョコやラムネなどが子供には宝石のようにキレイに並んでいて、自分で好きな物をおたまですくいます。

なかなか珍しい屋台ですよね?

子連れにおすすめの屋台です。

値段は50グラムで200円、そこから10グラム毎に40円だったかな?

最低でも50グラムはすくうシステムです。

真剣な顔して、自分でちゃんと吟味して選びながらすくって、480円分お買い上げ〜

 

子連れ家族におすすめ!座れる&トイレスポット。

他にもイカゲソやらシャーピンを屋台で買い、子供を連れてると困るのが食べる場所。

できれば座って食べたいと思いますが、練馬の酉の市で座れる内緒のおすすめの場所を。

それがカラオケ館。

屋台の裏側にいくつかテーブルとイスが用意してあるので、カラオケ館前の屋台でフライドポテトかなんか、ちょっとした物を買い、イスに座らせてもらう。

混雑がそれほどでなければ、子連れで座れるような”隙間”は他にもありますが、ここならゆったり食べられますよ。

(ちょっと内緒の穴場ですけどね。)

ついでにトイレも借りちゃいましょう。

小さい子供と一緒に行って困るのが、トイレを借りる場所。

練馬の酉の市でトイレが借りられる場所は、他にもファミリーマート、大鳥神社にもトイレがあります。

営業しているお店も多いので、少し屋台を楽しんだらお店に入ってしまうのも、練馬の酉の市ならではの1つの楽しみ方ですね。

新宿や浅草の酉の市よりも、子連れで気軽に楽しむなら、やっぱり練馬がおすすめかも。

最後の三の酉の日程は11月25日!忘れずに行きましょうね。

今年最後の酉の市!三の酉はやっぱり練馬で。混雑は子連れで大丈夫?

コメント