七五三ってどこでやる?近所の神社の氏神様に行ってみよう!

先日、娘の3歳のお祝いですね。

近所の神社の氏神様に、七五三のお参りに行ってきました!

七五三の日程はいつが良いのか?七五三の場所は?初穂料?いくら?親の服装は?

などなど、たくさんの疑問がある七五三のお祝いの方法、やり方ですが、それほど堅苦しくする必要もありませんよ。

わが家の場合の七五三はどんな感じだったのか?場所と日程について、実際の様子を参考にしていただければと思います!

どこでやる?七五三の場所。

さて、まずは七五三の場所です。

大きく分けて2パターン。

  • 地域の神様の氏神様の神社でやる。
  • 有名で大きな神社でやる。

ですね。

大きな神社は、例えば東京なら明治神宮、名古屋なら熱田神宮とかですね。

どちらも初詣のみならず、お祝い事には大人気の神社。

明治神宮では、七五三衣装のレンタルと着付けもセットで手ぶら(お金は必要)で行ける七五三プランまで用意されています。

せっかくなので有名な神社でやる方も多いようですが、本来の七五三は地域の氏神様でやるパターンです。

何故なら、子供は住んでいる地域の神様が守ってくれているからなんですよ。

*自分の住んでいる場所の氏神様はこちらで調べられます。

神社本庁/神社庁一覧

ですが、現在の七五三事情だと、そうもいかない事もあるんですね。

その事情が、

氏神様の神社で七五三をやってない!

という事があるんです…神社に居るハズの宮司さんが、別の神社と掛け持ちしていたりして、氏神様の神社に常駐しておらず、神社にとって繁忙期とも言える七五三の時期に居ない。

そして、氏神様では七五三などの御祈願を受け付けていない!

そんな事もあります。

となると、よくわからない神社でやるよりも、大きくて有名な神社で!という選択肢も出てくる訳ですね。

わが家の場合は幸いにも、氏神様は小さな神社ですが七五三の受け付けをしていました。

その神社でも、七五三の参拝には予約が必要だったので、例え小さな神社でも、逆に大きな神社でも、事前に電話で問い合わせておくのが確実な方法ですね。

わが家の氏神様の練馬区高松八幡神社で七五三!予約方法や混雑は?

いつ?七五三の日程。

そして七五三の日程ですね。

これも11月15日というのが一応の決まりです。

ですが、日程にもあまりこだわらず、この日に近い土日などの週末にやるのが一般的です。

早い人だと10月の中旬に済ませてしまう人もいらっしゃいます。

僕の行った神社では、11月中の土日は予約無しでも、飛び込みの人の御祈願を受け付けているみたいでした。

「この日は随時やってます。」

と、鳥居の前に日程を知らせる看板が出ていました。

11月の下旬の週末なら、今からでも間に合いますね。

数え年でやるのか?満年齢でやるのか?

もう一つ悩むのが、

七五三は数え年でやる?それとも満年齢?

昔ながらの習わしなので、本来は数え年で2歳の時にやるものなんですが、ご家庭の事情に合わせてどちらでも構いません。どちらかと言うと、現在は満年齢でやる方が一般的になっていますね。

でもおじいちゃんやおばあちゃんの意思もあったりして、

わが家も満年齢でやりました。

着物を着て喜んだり、草履も頑張って履いたりもでき、

七五三を満年齢でやって良かった!

と思っています。

3歳にならないと楽しめない事もありますし、3歳なら子供の記憶にも残るかもしれまん。

まとめ。

わが家の場合、七五三は満年齢で3歳の11月15日。

平日でしたが、予約した時間の前後にも参拝客がいて、それなりに予約が埋まっている感じでした、

着物はなんとお母さんが七五三で来た着物!

それを聞いて、さらに嬉しそうな顔でした。

場所は近所の氏神様です。

嫁さんのおじさんも来て祝ってくれて、天気も良くて最高の七五三でした。

雨だったらどうしてたかな?怖い怖い…

こちらの記事の合わせてどうぞ。

わが家の氏神様の練馬区高松八幡神社で七五三!予約方法や混雑は?
11月15日、何の日でしょう? 子供が居ないとあまり関係無いですね。この日は七五三の日です。 男の子なら3歳と5歳、女の子なら3歳と7歳にやるのが一般的な七五三。 どっちにしても3歳の子供が居る家庭では、3歳の11...

コメント