めちゃくちゃ簡単にPhotoshopで昼間の写真を夕焼けにする方法。

Photoshopを使って、昼間の写真を夕焼けにする方法。

なんだか簡単にできそうじゃない?

と思ったら意外と難しいんですね。

色調補正を使う方法もありますが、パラメーターの数値を変更して調節するには、慣れや勘が大切になってきます。

写真にもよると思いますが、とても簡単に夕焼けにする方法を見つけたのでご紹介します。

昼間の写真を簡単に夕焼けにした。

元の画像がこちらです。

夕焼けにした画像がこちら。

どうですか?夕日も入ってバッチリ夕方の海でしょ?

逆光を描画して加工するとかなり簡単にできました。

Photoshopで夕焼けにする手順。

使う写真によって、うまくいかないかもしれないのですが、本当に簡単なので1度試してみてください。

まずは画像をPhotoshopで開きます。

僕はいつも写真をドラッグして画像を開いています。

その方が何も設定しなくて、写真をそのままのサイズでPhotoshopで開く事ができますので。

次に新規で塗りつぶしレイヤーを作ります。

色は黒で、元の画像の上でオーケー。

このレイヤーに夕日を作っていきます。

フィルター→描画→逆光

です。位置も調整して、明るさは50前後が良いかな?

この夕日を描いたレイヤーのモードを、

オーバーレイに変更します。

夕焼けにする方法は、基本的には以上です。

夕日の大きさと位置を調節する。

この状態だと、夕日がちょっと低いかな?と思うので位置を調節します。

編集→自由変形

もしくはショートカットキーのCtrl +Tで夕日のレイヤーを選択して移動。

おっと、余白が出てしまいましたね。

更に自由変形を使ってレイヤーのサイズを大きくすれば、

うむ、かなり簡単な方法でかなり良い感じ!

ショートカットキーのCtrl +Tはよく使うショートカットなので覚えておくと便利です。

もっと夕焼けっぽくする。

更に全体的に暖色系のオレンジを乗せていくと、もっと夕焼けっぽくなります。

1番上にレンズフィルターの調整レイヤーを乗せたいので、夕日のレイヤーを選択した状態で、

レイヤーパネルの下のメニューで、

調整レイヤー→レンズフィルター

をクリックします。

レンズフィルターのパネルが開いたら、暖色系を選択して適用量を60〜70ぐらいに大きくすると、

更に夕焼けっぽくなりました!

まとめ。

色調補正で夕焼けっぽくしようとすると、なかなか難しいんですね。

レンズフィルターだけで夕焼けにしても、陰影がうまく表現されず、かすれた感じになってしまいます。

こんな感じ↓

逆光で夕日を描いてオーバーレイで重ねる事で、良い感じの夕焼けの写真を作ることができます。

でも太陽はいらないんだけど…

という場合は、夕日のレイヤーを画像の外に移動してやれば、光だけで夕焼けになりますよ。

*Adobeのソフトを学生版で安く使っています。Photoshop、PremierePro、AfterEffectsなどなど、全部つかえてこの価格!



コメント